天気が良い時は、キノコを干そう

おはようございます。

野菜と玄米のランチと、マクロビスイーツの通販で
ホッとする時間をお届けしている
ナチュラルカフェふくろうの清水です

 

今日は、皆既月食の日で、21時ごろが最大みたいですね。

お花見をしながら、皆既月食。
特別な雰囲気が漂いますね。
あとは、お天気がよいことを祈るばかり…

 

お天気がいいといえば、干しキノコ作り!

この前の天気がいい時に、エノキを干しました♪

DSC_0319

干しキノコの作り方

・キノコのイシヅキ(軸の固いところ)を取る
・干し網に広げる
・雨にぬれないよう、好みのタイミングまで干す

カラカラになるまで干すなら、3日程度
生のプリプリ感を楽しむなら半日程度干すと
キノコのうまみを楽しめます

 

エノキは、個性のあまりない、おとなしめなダシが出て
シメジは、風味が強いダシが出ます
自家製の干しシイタケってのもアリですね

お好みでスープなどに具として入れつつ、
ダシも楽しむ感じです。
店では、味噌汁のダシにも使ってますよ (^-^)

 

ちなみに…

安い時にキノコを買ったけど、干せないときは
冷凍するといいですよ

使うときは、凍ったままポンと入れるだけ。
生の時よりもよくダシが出ます。

保存の時、ちょっと場所取っちゃうけどね(^^;

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

今日も素敵な一日を♪

DSC_0340

 

 

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています
清水 たかこ

最新記事 by 清水 たかこ (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket