小学生からのお手紙

おはようございます。
かなり久しぶりになってしまいました。

これからベジおせち作りに励む
ふくろうの清水です

 

クリスマスを乗り切ってから、
厨房の大掃除、年内発送を終え、
昨日からベジおせち作りを始めてます

そして、年始の親戚まわりが終わると
年始の発送、ランチの仕込みが始まって
通常営業が始まります。

実は休む暇ないんですよね~。

 

小学生からお手紙をもらいました

C360_2015-12-28-20-11-05-601

ふくろうさんへ

こんにちは。お元気ですか
11月25日の社会の学習にご協力いただき
ありがとうございました。

実際に、生ごみをもらってリヤカーをひいたことで
私たち4年生は昔の農民の気持ちになる事ができました。

もらった生ごみは、私たちの畑のこやしにしました。
良い畑になりそうです。
これからもお元気でいてください

 

11月に授業の一環で
学校からリヤカーを引いてきた子供たちに、野菜くずをあげたんですね。

これは、昔の農民さんが肥料のための
野菜くずを集めて回った苦労を感じようというもの。

当日、寒い中、学校から歩いて来た子供たちに
「はいどうぞ」とボウル1杯の野菜くずを渡して終了。

 

これだけのことなのに、こんな感想をいただけて
恐縮しつつも、お手伝いができたことがうれしいな

なぁ~んて思いましたよ (^^)

 

それにしても、先生って大変ですね。

「今から学校を出ます」

「あと少しで着きます」

など何度もお電話をいただいて、先生の気遣いをとても感じました。

 

私の小学生のころも同じように
先生に「根回し」されていたから
いい思い出になっていることもあるのかなぁ~

そんなことを思った出来事でした。

 

その時は、当然のようにしてもらっていたことでも
立場が変わると、ありがたさに気づくってありますね

 

あなたにとって、心地いい休日になりますように

 

いつもありがとうございます

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket