フルーツカット講習に行ってきました

おはようございます

改装自体の話は2年前からあって、
少しずつ改装に向けて準備していこうよ~ってことで
実は7月と10月に東京で開催の講習へ行ってました

 

ケーキ屋さんと言えばフルーツ!

フルーツを彫刻していくカービングじゃなくて

基本中の基本になるカットを教えてくれる所って
意外とないんですよね。

でもって、教わるなら、
実際にたくさんのフルーツを扱っている
フルーツの専門家の方に教えてもらいたいと思って東京へ。

 

高野フルーツパーラーへ

フルーツ専門店で千疋屋さんと並ぶ有名なお店
高野フルーツさん

名古屋の高島屋の地下にケーキのお店があって
上の階にはパフェを食べれるお店がありますよね ^^

 

新宿にある本店にうかがうと
高級フルーツギフトが山盛りでビックリ!

3万円のメロンや
15000円のシャインマスカット
(市販の10倍!)などなど

一般ピーポーな私には、高嶺の花過ぎて
全く手を出そうと思えないものもありつつ、

ジャムやフルーツソースなどは
自分へのごほうびに買える感じでしたよ

 

参加した講習は今年初めて開催の集中クラスで、
10時半から18時までの7時間半
ずーっとフルーツの話を聞きながら
いろいろなフルーツカットを習っていくんだけど、

途中にシェフが話してくれる
フルーツの品種、特徴、簡単な歴史などが
かなり面白くて、

カットしながらメモを取って大忙し!

 

実際にカットした写真はこちら

7月

まずは基本の柑橘から

 

マンゴーでも、沖縄産、宮崎産など産地や品種が違うものを
むきながら食べ比べたり、
夏の国産イチゴはなかなか手に入らないんだけど
ここでは信州産のイチゴでした

 

パイナップルの半分の果肉をきれいにカットしてから
皮を器にしたパイナップルボート

 

岡山、山梨、山形から届いた
いろんな品種の桃でフルーツプレート

 

10月

熊本産の高級柿や果肉が黒い柿でハロウィン ^^

太秋柿っていう大きな柿が滑らかな食感でおいしかったな

 

林檎のスワンのつもりだけど、ガチョウみたいかな(笑)

紫苑ぶどう、シャインマスカット、ピオーネでお花を作ったり
みかんもきれいにカット

 

林檎の器はハロウィンで、
帽子の部分を上から見るとお花のようでお気に入り♡
食べごろが難しい洋梨も
ちょうどいい加減でおいしかったな

 

カットフルーツをお重に詰めておせち風に

人が集まるお正月に
お重からフルーツがでてきたら歓声が上がるだろうなぁ ^^

お昼もデザートもフルーツづくし

講習の休憩でもフルーツたっぷり

ランチはハムサンドとフルーツサンド

フルーツサンドってあんまりおいしくない
イメージだったけど、結構イケるもんだね ^^

ドレッシングも、もちろんフルーツ入り

 

そして、3時のおやつは

桃のデザートプレート(7月)

洋梨のホットデザート(10月)

 

最後に、終了前には
自分でカットしたフルーツを飾るパフェと
生フルーツを絞ったジュース

 

帰りが大変!

一日にこれだけのフルーツを食べたり
触ったりする機会って、なかなかないから
参加できて良かったわ♡

どうやら新しい店では
私がフルーツ担当になるみたいなので
今のうちから練習しておこーっと!

って思いながらの帰り道、
上の写真のカットしたフルーツ達を入れた
大きなタッパー3つ分を

重くてフーフー言いながら新幹線で帰ったとさ

 

そうそう、新幹線で東京へ向かうとき
いつも富士山を見ようと思ってるけど

寝過ごしたり、見えなかったり…

でもね、今回はシッカリ、ハッキリ見えたのよ!

富士山が見えただけだけど、
「いい日になりそう」なんて思っちゃう
少市民な私です

 

このブログの更新をメールで受け取れます
読者登録はこちらから

http://www.natural-fukurou.com/blog/m

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています
清水 たかこ

最新記事 by 清水 たかこ (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket