ふくろうのベジおせち 作りました

こんにちは。

今日から始動!ってことで
ずっと放置のブログに復活です

溜まった記事を書いてサクサク更新していきますよー ^^

 

年の初めの記事は、やっぱりベジおせちですね♪

 

ふくろうのベジおせち

1年前に「今回が最後」って言いながら
お客さんのリクエストで急きょ作ることになったベジおせち

いつもの方も、初めての方にも
精一杯作らせていただきました p(^^)q

ちょっと写真が残念だけど、いきますよー!

 

 

一の重

こちらは祝い肴といって「おつまみ系」のお重なんですよ

まず上の段、左から

・菊芋の黒豆味噌漬け
血糖値を上がりづらくすると言われる菊芋を
去年の2月に店で仕込んだ黒豆の味噌で漬けました
(黒豆味噌は無農薬無肥料の黒豆、有機米の麹で作ってます)

・彩り野菜の寒天
煮物を作るときに型で抜いた後の切れ端を細かくして
野菜ブイヨンで固めました(端っこのお片付けレシピです)

・ごぼうの田作り
五穀豊穣をお祈りする田作り
無農薬無肥料栽培のゴボウとクルミで甘辛に仕上げました

 

次に真ん中、左から

・林檎とさつま芋の金団
金団は金運を呼ぶ縁起物
蒸したさつま芋を林檎ジュースで金団に、上に有機甘栗をポチッとな

・イチジクの蜜煮
葡萄ジュースで作った自家製イチジクの蜜煮

・金柑の蜜煮
金柑は「金冠」とも書いて、金運の象徴
それを種を取り除いて蜜煮にしたもの

・百合根の梅醤和え
薬効があるという百合根は「仲がいい」象徴
その百合根を梅干しと醤油で和えました
ごちそうが続くお正月に胃腸を整える一品です

・紅大根の椿
薄くスライスして酢にした紅大根を
椿に見立ててます

 

一番下、左から

・精進松前漬
粘り昆布と切干大根でお喜び(よろ昆布)

・8色なます
水引をかたどっていると言われ、平安を願うというなますを
末広がりで幸運を表す8つの色で作りました
(自家製干し柿入り)

・黒豆
黒くなるまでマメに働けるようにと
願いが込められているという黒豆
無農薬無肥料の黒豆をてんさい糖でコトコトと。

・揚げ葛そうめん
油で揚げると花のように開く葛そうめん
色はベニコウジやクチナシで天然です

 

二の重

こっちはお食事系のものが入ります

左上から時計回りに

・高野豆腐煮
「盾豆腐」とも呼ばれる高野豆腐は
災いを盾でよける意味合いがあります

・蓮根煮
穴が真っすぐなので「先の見通しがいい」と言われてます

・梅人参煮(3色)
人参を梅のように飾り切りで

・松大根煮(2色)
大根と、紅大根で2色に

・椎茸煮

・絹さや

・亀甲里芋
子孫繁栄を表す里芋を
おめでたい亀の甲羅6角形に剥いてます

・手綱こんにゃく
ピリ辛にしたコンニャクを、ご縁を結ぶ手綱の形に

・どんこ椎茸の味噌煮
分厚いどんこ椎茸を味噌煮に

・ベジミートローフ
ランチでも好評だったベジバーグの生地を
ブロッコリー入りの生地とプレーン、2色で
大きく焼いてカット

・ごぼうの八幡巻
「細く長く幸せに」のごぼうを軟らかく煮てから
板麩で巻いて甘辛に

・かぼちゃの伊達巻
形が巻物ににているから「知識が増えるように」の伊達巻を
かぼちゃと豆腐で作りました

・昆布巻き
今年はお揚げと大根や人参を
喜びを表す昆布で巻きました

・エリンギの鮑風(竹の器入り)
エリンギを甘辛に

・春を表す菜の花

 

添え物含めて合計27品でした

 

こうやって見ると、よく頑張ったね、私 ^^

 

12/31のお重詰めは、お友達のまりごるさんに手伝ってもらいまいした
急に声をかけたにもかかわらず、手伝ってもらえて
ホントに助かった!! ありがとー!

 

まりごるさんは、ベジランチ会を月一で開いてます(次回は2/3)
ブログはこちら
http://marygold.boo-log.com/

 

ただ今、「ふくろう」はネット通販のみ営業しています
店頭お渡しのケーキのお問い合わせなどは
こちらへどうぞ↓↓↓

お問い合わせはこちら

お名前*
電話番号*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
コメント欄*
認証

 

このブログの更新をメールで受け取れます
読者登録はこちらから

http://www.natural-fukurou.com/blog/m

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket