メープルシロップ小屋でケベック郷土料理を

おはようございます。

昨日は、ホワイトデーでしたね。

仕事から帰ってきた主人が
おもむろに「はい。」と手渡すので

「ん?」と見てみたら、

お花のアレンジメントでした♡

お花って、もらうと嬉しいよね~ ^^
さっそく、食卓に飾りましたよ

 

さて、先日書いたメープルシロップのお話。

今日は、約20年前に滞在したケベック州でのお話しです

 

メープルシロップ小屋でケベック料理を

me-puru3

(サイトからお借りしました)

1年滞在していたモントリオールは、
メープルシロップの本場ケベック州で一番大きな都市

中心地から1時間ほど車を走らせると
樹木が連なる大自然が広がるんですね

その森のなかに、数軒、レストラン併設の
メープルシロップ小屋(cabane a sucre)が営業しているので
そのうちの1軒に語学学校の日帰りツアーで行ったんですよ。

 

着いてみると、写真の様な感じで
木にバケツが付けられ、集めた樹液を
小屋で煮詰めているところを見学できます

 

そして、見学した後はお楽しみのランチ♪

 

ギターを弾くおじさんの歌うカントリー系の歌を聞きながら
ケベックの郷土料理が食べられるのね ^^

 

テーブルには、
ワインのフルボトルサイズのメープルシロップが準備万端のなか

豆の煮込みスープ、厚切りハムのメープル煮込み
焼いたベーコンなどが盛りだくさん!

ベーコンなどにもメープルをかけて食べるんですよ

 

デザートはパンケーキ♡

現地の方は、お皿の中でパンケーキが泳ぐほど
メープルをたっぷり入れて食べるので
私もマネてたっぷりと。

すごーくおいしかったですよ♪

 

食事中、音楽に合わせて手拍子が起こったり
踊り出す人もいて、ワイワイと楽しんでました

 

でね、でね、本当のシメはこれから。

 

 

me-puru4

(こちらもお借りしました)

煮詰めて水アメ状のメープルを雪の上に落として
木のスティックでからめ取るタフィーが

最高においしい!!

 

雪がまだ残る時期だからこそ
よりおいしかったのかもね♪

 

おいしさって、舌で感じるだけじゃないよね

おいしいって、舌で感じるものって思いがちだけど
それだけじゃないよね。

目で色や形、季節感を楽しんで、
耳で「ジュージュー」という音を楽しんで
鼻で香りを楽しむだけじゃなく

食べる時の気持ちも大きく関係してくる。

 

ほら、野菜嫌いな子供さんが
自分が育てた、収穫した野菜なら
喜んで食べるって言うでしょ?

 

あと、同じおにぎりでも
室内で食べるよりも
公園でピクニックの時に食べた方が
よりおいしく感じない?
作っているところを見る体験や
まわりの雰囲気によって、
感じ方が違ってくるって面白いね

 

 

 

3/26 11時半-15時 お茶会を開催します!
詳しくはこちら☆
http://www.natural-fukurou.com/blog/archives/2674

——————-
【大人のためのナチュラルライフ】
ニュースレターのご登録はこちらから
https://www.mshonin.com/form/?id=554346223

日々の手作りのこと、私が感じていることを中心に書いてます
読んでいただくことで、自分の外側だけじゃなく、
自分自身もナチュラルに毎日をよりハッピーに
輝かせてもらえたらって思いながら書いてます
——————–

このブログの更新をメールで受け取れます

読者登録はこちらから
http://www.natural-fukurou.com/blog/m

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています
清水 たかこ

最新記事 by 清水 たかこ (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket