それは誰のため?

おはようございます

ベジランチとマクロビスイーツお取り寄せで
ホッとする時間をお届けしている
ナチュラルカフェふくろうの清水です

 

いよいよ連休突入ですね!

という私は、大好きなお仕事です♪

 

今日はちょっと趣向を変えて
いつも思っていることを書きますね。

 

いつも私が意識するようにしているのは
「それは誰のため?」という言葉。

 

店を始めた当初…

若かったし、元々の我の強さで
「私がこう思うからこうしたい」と言って
母とよく喧嘩になっていました

 

当時、お客様から食事についての相談を受けたとき
私の意見をストレートに言ってしまったことがあります
そのお客様は途端につまらなそうな顔をなさって帰られました。

目の前の人を見ず、自分の意見を押し付けて
自己満足に浸ってたんですね…。

 

今思うと、本当に恥ずかしい!

 

あれから数年…

たくさんの方々からいろんな学びをいただいて

「目の前の人を喜ばせる」
「それをしたら、どれだけの人が笑顔になるかな?」

という言葉を受け取りました

 

「それは誰のため?」は、
自分の自己満足のためなのか、お客様のためなのか
自分でチェックするための言葉として
意識するようにしています

 

でも、気が付いたら…ってことも
もちろんありますけどね (^^;

 

そんな時は「人間だもの~♪」と言っている私です(笑)

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

たくさんのいいことが訪れますように♪

2切り取り

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket