初心者でもできる!梅ジュース作り

 

おはようございます。

 

野菜と玄米のランチと、マクロビスイーツのお取り寄せで
ホッとする時間をお届けしている
ナチュラルカフェふくろうの清水です

 

いよいよ梅の時期ですね♪

梅は、クエン酸が多くて疲労回復にも良く
胃腸を調えてくれる食べ物。

私の通っている、はり・灸の先生も
「これからの季節、積極的に摂るといい」と
言うくらいです。

 

でも、からだに良さそうと気になっても、
初めてのことはなかなか手が出ないもの

 

そこで、数回に分けて梅で作るいろいろをお伝えしちゃいます♪

 

まずは、一番作りやすい梅ジュースです

 

梅ジュース

IMG_20150526_190949

材料


甜菜糖(砂糖) 梅と同量

作り方

・梅を洗って、一つずつ水気をふく
・梅のなり口をつまようじで取る
・梅の重さを量る(たとえば1キロだとして)
・きれいな瓶に、梅→甜菜糖→梅→甜菜糖の順で入れていく
(梅300g、甜菜糖300g、梅300g甜菜糖300g、梅400g、甜菜糖400g)
・最後は甜菜糖になるように詰めます
・詰め終わったら蓋をして常温で置きます

1日位経つと、梅の水分がだいぶ出てくるので
底にたまった砂糖を溶かすため最初の1週間くらい
1日1回瓶を振って混ぜます
(1日位忘れてしまっても大丈夫!)

2,3日で梅がプカプカと浮かぶくらいエキスが出るのが理想的

そのまま1か月くらい置いておくと梅ジュースの完成です!

漬けた梅は、ジャムにするといいですよ (^^)
私はそのままガリガリ食べちゃったりします(笑)

 

この梅ジュース、青梅だとさっぱり
熟した黄色の梅だと、まろやかになるので
お好みでどうぞ

 

あと、ジュースを漬ける前に
梅を一度冷凍するやり方もあります。

これは、冷凍することで
梅から水分が出やすくなるので
普通に漬けるよりも少し早めに完成します

 

最後に、一番気になる
「カビないか心配」という声について

梅の果汁以外の水分が入ることでカビやすくなります

乾いた瓶を使う
洗った梅をちゃんと拭く
1日1回全体を混ぜる

これをすれば、失敗しないかと…。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

また次回、梅のいろいろをお伝えしますね

 

笑顔いっぱいの一日なりますように♪

The following two tabs change content below.
清水 たかこ
家族の病気がきっかけで玄米菜食、卵・乳を使わないケーキを知り、
実際に作った時の「おいしい」の一言で作り始めました。
2003年6月に母と二人で開店。
2011年6月より1人で営業開始。
野菜だけのランチとマクロビケーキでホッとする時間のお手伝いをさせていただいています。 
「身近でおいしく、からだの為にできること」「こだわりすぎないこと」をモットーにしています

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket